ニュース

Jアラートは間に合わない?鳴ったらどうすればいいの?避難場所は?

投稿日:

近ごろニュースでよく耳にする“Jアラート”。

Jアラートとは人工衛星と市町村の防災無線を使って地震や津波、弾道ミサイルの発射など緊急情報を伝える“全国瞬時警報システム”の事です。

どうやらそのJアラートが弾道ミサイルが発射された際に間に合わないのではないかとも言われているようですね。

危険から身を守るためのシステムですが、間に合わなかったら意味がないですよね。

そこで今回はそんなJアラートについてご紹介していきたいと思います。

広告

ミサイル発射時のJアラートは間に合わない?

8月29日の午前5時58分に北朝鮮がミサイルを発射しました。

その際にミサイルが通過する地域ではJアラートが通知されたようです。

いざJアラートが鳴ったら「ドキッ」としますよね。

そんなJアラートですがミサイルの情報を受信しても、逃げる時間が無ければ意味がないですよね。

ネット上では身を守るためのJアラートですが意味がないのではないかと言われています。

実際にJアラートがなったあとに避難をしても間に合わないのでしょうか。

今回、北朝鮮が発射したミサイルは北海道襟裳岬の上空を通過し、襟裳岬東方1180キロ先の太平洋に落下しました。

このミサイルが着弾したのはJアラート受信から2分後の事だったのです。

発射から着弾までの流れを簡単にまとめると

①北朝鮮がミサイル発射(午前5時58分)

②政府がJアラート発信(午前6時2分)

③対象者がJアラート受信(午前6時4分頃)

④北海道上空を通過(午前6時6分)

⑤着弾(午前6時7分)

といった流れです。

今回実際にJアラートを使用し、政府がJアラートを発信してから対象者が受信するまで2分ほどかかってしまうことが発覚しました。

対象者が受信するのは発信と同時ではないようですね。

そして受信した2分後には上空を通過したので、逃げる為の時間は2分しかないということですね。

2分ほどで安全な場所に移動なんて出来ないですよね…

またミサイルが発射されてからJアラートを政府が発信するまで約4分かかっています。

こういった所の数分の短縮はできないのでしょうか。

広告

ミサイルが原因でJアラートが鳴ったらどうすればいいの?

そこでJアラートが鳴ったらどうすればいいのでしょうか。

続いてはJアラートが鳴った時の行動についてご紹介していきたいと思います。

まずJアラートが鳴ったらすぐに避難をしましょう。

特に屋外にいるのは危険です。

避難する場所については後程ご紹介します。

そしてテレビのニュースやスマホを使って情報を確認してください。 

避難すること・情報を確認することが大切です。

広告

ミサイルが飛んできた場合の避難場所は?

やはり気になるのはやはり避難場所ですよね。

Jアラートが鳴ってどこに避難すればいいか分からなければ意味がありません。

次は避難場所についてご紹介していきたいと思います。

まずJアラートが鳴った時に屋外にいる時の対処法をご紹介します。

Jアラートが鳴ったら、近くに建物がある場合は出来るだけ頑丈な建物・地下に避難しましょう。

万が一近くに建物が無い場合は、地面に伏せて頭部を守るか物陰に身を隠すようにしてください。

次に屋内にいる場合をご紹介します。

屋内にいる場合は、窓から出来るだけ離れるか可能なら窓の無い部屋に移動しましょう。

Jアラートが鳴れば焦ってパニックになってしまうかもしれませんが、自分の身を守るために短い時間で落ち着いて行動するようにしましょう。

広告

まとめ

以上、今回はミサイルが原因でJアラートがなった場合についてご紹介しました。

Jアラートが鳴らないことが一番いいのですが、“もしも“の時の為にしっかりと知っておかなければいけませんね。

今回のJアラートの紹介はミサイル発射時のJアラートについてでしたがJアラートはミサイル以外にも鳴ることがありますのでその場合の対処法もしっかりと確認しておきましょう。

そういった状況になった時は、落ち着いて自分の身を守るようにしてください。

みなさんの命が脅かされるような出来事が起きないことを心より願います。

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です