ニュース

鶴ひろみの死因は病気で持病持ち?ドキンちゃんやブルマの後任は誰?

投稿日:

ドキンちゃんやブルマの声を担当していた声優の鶴ひろみさんが亡くなっていたことが発覚しました。

声優仲間やファンの間では悲しみの声があがっています。

鶴ひろみさんの死因は何だったのでしょうか。

そこで今回声優の鶴ひろみさんについてご紹介していきたいと思います。

広告

鶴ひろみの死因は病気で持病持ち?

鶴ひろみさんは小学2年生のときに劇団ひまわりに入団し、1988年からは声優としての活動を主に始めました。

代表的な作品だと「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役や、「ドラゴンボール」のブルマ役があります。

また洋画では「赤毛のアン」シリーズの主人公であるアンの吹き替えを担当していました。

他にも鶴ひろみさんは「らんま1/2」や「きまぐれオレンジロード」など、多くの人気アニメのキャラクターの声を担当していたのです。

ベテラン声優として鶴ひろみさんは知られていました。

そんな鶴ひろみさんが首都高速で16日の午前7時ごろ、ハザードランプをつけたまま止まっているところを発見されました。

鶴ひろみさんは車の中でシートベルトを装着したまま運転席に座っていたそうです。

病院に搬送されたのですが、病院で亡くなったことが確認されたそうですね。

鶴ひろみさんの死因は何だったのでしょうか。

発見されたとき鶴ひろみさんには目立った外傷がなかったため、病死の可能性があると警視庁高速隊は判断していました。

57歳という若さの鶴ひろみさんでしたが、鶴ひろみさんは持病持ちだったのでしょうか。

鶴ひろみさんの死因は大動脈剥離だったと、鶴ひろみさんの所属していた事務所が正式に発表しました。

運転中に体調が悪くなり、道路わきに車を寄せてハザードランプを付けて停車したのでしょうか。

大動脈剥離の原因は不明ですが、高血圧や動脈硬化が関係しているといわれているようですね。

鶴ひろみさんは高血圧だったのでしょうか。

また症状には胸か背中に激痛が起こるんだとか。

意識消失状態になったりショック状態にいきなりなる方も少なくないそうです。

急に激痛が走ったことで、鶴ひろみさんは車を端に寄せた可能性が高いですね。

また大動脈剥離には初発症状が突然死になる可能性もあるそうですよ。

広告

ドキンちゃんやブルマの後任は誰?

鶴ひろみさんは現在毎週放送されている「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役と、「ドラゴンボール」のブルマ役を担当しています。

ドキンちゃん役とブルマ役は30年以上も演じ続けてきました。

どちらもアニメには欠かせない重要な役です。

そのため誰がドキンちゃん役とブルマ役を担当するのかとても注目されています。

「それいけ!アンパンマン」のプロデューサーは、ドキンちゃん役の後任について「決まり次第お知らせいたします」とコメントをしています。

またブルマ役の後任も未定とのことです。

アニメの声優はキャラに命を吹き込む役割のためとても重要ですよね。

ドラえもんやルパン三世など、人気キャラの声を担当する声優が変わった時はとても注目されていました。

ドキンちゃんもブルマもとても重要な役です。

「それいけ!アンパンマン」や「ドラゴンボール」は、幅広い世代が見ている人気アニメですよね。

アニメファンはもちろんですが、鶴ひろみさんの後任には声優界も注目しているのではないでしょうか。

広告

まとめ

以上、今回は亡くなったことが発覚した鶴ひろみさんについてご紹介しました。

突然のことなので、声優界やアニメファンには悲しみと驚きの声が多くあがっています。

またドキンちゃん役とブルマ役の後任が誰になるのか注目が集まります。

「それいけ!アンパンマン」や「ドラゴンボール」の発表に注目しましょう。

広告

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です