ニュース

福岡県田川市でも給食に異物混入!7つの中学校名や業者はどこ?

投稿日:

最近では大磯町立中学校の給食の異物混入が問題となりましたよね。

どうやら福岡県田川市の中学校でも給食に異物混入があったようです。

そこで今回は福岡県田川市の給食に異物混入があった中学校や給食業者についてご紹介していきたいと思います。

福岡県田川市でも給食に異物混入!

どうやら福岡県田川市の中学校の給食で、4月以降髪の毛や虫など異物混入が46件発見されているようです。

健康被害などは発見されていません。

4月から田川市の7つの中学校で給食が始まったのですが、今月26日までに虫が5件・髪の毛が34件・プラスチックや骨片、繊維など7件の混入があったそうですよ。

半年だけで46件も発見されているなんて驚きますよね。

また半年といっても1学期だけなので、4月10日~7月12日のたった64日間です。

64日間で46件とはありえない数なのではないでしょうか。

教育委員会が4月と8月には7つの中学校の給食を担当している業者に再発防止を促進したのですが、その後も異物混入が発見されたので改善はされていなかったようですね。

給食にそれだけ頻繁に異物混入が発見されていたら、美味しく食べることが出来ませんよね。

広告

異物混入があった7つの中学校名は?

異物混入が発見された7つの中学校はどこなのでしょうか。

それでは今回給食に異物混入が発見された中学校をご紹介したいと思います。

田川市立後藤寺中学校

田川市立伊田中学校

田川市立金川中学校

田川市立田川中学校

田川市立中央中学校

田川市立弓削田中学校

田川市立鎮西中学校

の7つの中学校です。

この7つの中学校にお子さんを通わせている親御さんも心配しているのではないでしょうか。

お子さんも親御さんも安心できるように対策を行ってもらいたいですね。

広告

給食を作っている福岡市の業者はどこ?

先ほどご紹介した7つの中学校の給食を担当している業者はどこなのでしょうか。

異物混入が発見された給食は、工場で調理されて弁当箱に詰めて学校に運ぶというものでした。

そして各学校で再加熱してから食べているようですね。

給食を作る業者は「チェック状態が不十分だったと思う、申し訳ございません」とコメントしています。

今回異物混入が発見された給食を作っている業者は、福岡市にある「株式会社はなたか」という給食業者です。

教育委員会から改善を促進されたことから、はなたかはヘアネットのタイプを変更したり、防虫カーテンの設置などの対策をしたそうですよ。

しかし、その後も異物混入が発見されたようですね。

業者は詳しく語らず、「事実関係は間違いない、担当者が戻り次第説明します」と語っているようです。

26日に福岡市南区保険福祉センターは、職員の2人が向上に行き製造工程や衛生管理について確認したそうです。

改善策をまとめるようですが、過去にも改善を促進したのに今後良くなっていくのでしょうか。

この給食業者の工場はできたばかりのようで、態勢が万全でなかったかもしれないと給食業者は釈明しています。

それにしても異物混入が発見された数は多すぎますよね。

広告

まとめ

以上、今回は給食に異物混入が発見された中学校や給食業者についてご紹介しました。

髪の毛や虫などの混入が発見されているなんて、安心して給食を食べることが出来ませんよね。

これだけ短期間で多くの異物混入が発見されているので、給食業者を変更するなどの対策はしないのでしょうか。

田川市の中学校の生徒のためにも早く安心して給食が食べられるようになってもらいたいですね。

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です