ニュース

永福学園で熱中症にしたバスケ部の教員の顔画像や名前は?偏差値も!

投稿日:

東京都杉並区にある知的障害特別支援学校・永福学園。

平成19年に創立されたばかりの支援学校です。

永福学園の生徒が熱中症になって倒れてしまったというニュースが報じられました。

夏になると一番気を付けなくてはならない“熱中症”。

部活動に力を入れているお子さんを持つ親として、やはりこの季節は心配になる方も多いようですね。

毎年夏にこういった報道がされますが、何か改善策はないのでしょうか。

今回は永福学園で熱中症にしたバスケ部の教員について、また永福学園についてご紹介していきたいと思います。

広告

永福学園で熱中症にしたバスケ部の教員の顔画像や名前は?

ニュースによると、8月23日の午後4時に高校1年生の男子バスケットボール部の生徒が後者の外周を走っている時に熱中症で倒れてしまったそうです。

その時はバスケットボールの部活動中だったようですね。

倒れた男子生徒は救急搬送され、病院で治療をうけたのですが熱中症による脱水症状を起こしてしまい、現在は意識不明の重体です。

部活動では1周約4.5kmの外周を走ったのですが、男子生徒はタイムを切ることが出来なかったそうです。

そのため、熱中症になった時は21・23日の2日間で20km走るというペナルティをこなしていた時だったそうですね。

21日に10km走った時点で生徒は体調を崩し、翌々日の23日に残りの10kmを走る途中に倒れたそうです。

顧問の教員がもっと生徒の体調を気に掛けることはできなかったのでしょうか。

その時の気温は32度だったんだとか。

この猛暑の中これだけの距離を走らせたにも関わらず、教員が付き添っていなかったのは大きな問題なのではないでしょうか。

暑い中を少し走るだけでも普通は大変ですよね。

ネットでも「猛暑の中それだけの距離を走らせるのはおかしい」という声が多く見られました。

今回の指導法は“虐待だ”という声も見られます。

東京都としては「体罰にあたる不適切な指導であり、お詫び申し上げます」と謝罪したようですね。

そんなバスケットボール部の教員はどんな方なのでしょうか。

バスケットボール部の顧問について調べたのですが、その教員についての情報は一切公表されていませんでした。

公表するとその教師に非難が殺到する可能性があるからかもしれませんね。

今後、謝罪などで教員についてわかるようになるのではないでしょうか。

少しでも早く男子生徒には良くなってもらいたいですね。

広告

偏差値が高いエリート学校なの?

今回話題になった永福学園ですが、実はエリート特別支援学校のようですね。

どうやら永福学園に入学するための塾もあるようですよ!

ビジネス系支援学校として就職へのサポートが特に充実していて、就職率100%を意識しているようです。

専門教科では、社会に出た時に必要な知識を学ぶことができます。

永福学園の卒業生は幅広い分野への就職を決定しています。

卒業後の将来を考えることのできる学校なので、とても人気のある支援学校のようですね。

ただ今回の事をきっかけに子供を永福学園に入学させることを悩む方も増えていくのではないでしょうか。

広告

まとめ

以上今回はバスケットボール部の生徒が熱中症になってしまった永福学園についてご紹介しました。

意識不明となった生徒のご両親の気持ちとしては教師にはそれなりの対応をしてもらいたいとおもいますが、今後どういった対応をしていくのでしょうか。

毎年夏になると問題になる“熱中症”、さらに見直していかなくてはいけないですね。

猛暑の日の部活動を行う時に、顧問が付き添うことは必須なのではないでしょうか。

まずは意識不明の重体になってしまった男子生徒の体調が良くなることを願いたいですね。

これからの永福学園の発表に注目しましょう。

広告

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です