ニュース 事件

東名高速道路のトラック運転手は誰?トラック運転手の刑が一番重い?

投稿日:


東名高速道路で起きた夫婦が亡くなった事故についてニュースで報道されています。

亡くなった夫婦と車を停車させていた石橋和歩容疑者が注目されていますが、追突事故を起こしたトラックの運転手も注目されているようです。

トラック運転手はどうなったのでしょうか。

そこで今回は東名高速道路でトラックを運転していた運転手についてご紹介していきたいと思います。

広告

東名高速道路のトラック運転手は誰?

今年6月上旬にワゴン車にトラックが追突し、夫婦が亡くなりその娘2人がけがをした事故が起こりました。

この事故は事故現場の近くにあるパーキングエリアで起きたトラブルがきっかけでした。

石橋和歩容疑者が注意されたことに怒り、夫婦の車を1キロほど煽ったりして付けてきたそうですね。

そして追い越し車線に車を停車させて進路をふさいだのです。

その追突したトラックを運転していたのは誰だったのでしょうか。

追い越し車線に車が止まっているなんて想像しませんよね。

そこでトラックの運転手について調べてみました。

しかし、トラック運転手についての詳しい情報はありませんでした。

どうやらトラックを運転していた方の名前などは公開されていないようですね。

すべてのニュースなどの報道では「トラックの運転手」とされています。

大型トラックを運転していたとのことなので、運送業をしている方のようですね。

ちなみにトラック運転手は事故について「追い越し車線に車が停車していたため、急ブレーキをふんでも間に合わなかった」とコメントしていているそうです。

広告

トラック運転手の刑が一番重い?

追突事故は逮捕された石橋和歩容疑者が夫婦の車の前に車を停車させ、進路をふさいだことをきっかけに起こりました。

石橋和歩容疑者は過失運転致死傷と暴行の疑いで逮捕されたのですが、追突してしまったトラック運転手はどうなったのでしょうか。

どうやら神奈川県警は石橋和歩容疑者と同じ過失運転致死傷の疑いでトラックの運転手を書類送検する考えのようです。

トラック運転手はよそ見をしていたわけでも、飲酒運転をしていたわけでもないのに可哀そうですよね。

「急ブレーキをふんでも間に合わなかった」とトラック運転手は語っていますし、停車している車に気づいても追い越し車線に停車していたのでよけることもできません。

高速道路で追い越し車線に車が停車しているなんてありえないですよね。

トラック運転手はとてもびっくりしたのではないでしょうか。

2人も自分の運転しているトラックがぶつかったことで亡くなってしまったなんとても辛いですよね。

夫婦の車の進行をふさいでいた石橋和歩容疑者とトラックの運転手が同じ過失運転致死傷の疑いということには賛否両論あるようです。

ネットでは石橋和歩容疑者の方が罪は重いのではないかという声が多く見られました。

しかし石橋和歩容疑者は事故を引き起こすきっかけでしたが、衝突した車の運転手ではない方を過失運転致死傷の疑いで逮捕することは異例のようですね。

普通の場合より石橋和歩容疑者の刑は重く判断されたということなのでしょうか。

それでも衝突してしまいましたが、トラックの運転手が石橋和歩容疑者と同じ刑なのは少し違うような気がしますね。

広告

まとめ

以上、今回は東名高速道路で起きた事故の時、トラックを運転していた運転手についてご紹介しました。

トラックの運転手は事故を起こしたというより、巻き込まれたという方が合うのではないでしょうか。

追い越し車線に車が停車しているなんてどこにもよけることができません。

トラックを運転していた方も被害者なのではないでしょうか。

今後の裁判が気になりますね!

-ニュース, 事件
-, , , ,

執筆者:


  1. As より:

    そもそもトラックは追い越し車線を走行してはいけないのではないのですか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です