芸能

杉山明美は鉄欠乏性貧血だった!治療方法は生活習慣!現在は社長?

投稿日:

女子バレーボールの日本代表選手として活躍されていた杉山明美さん。

大学を卒業して日本電気に入社すると、1年目からレギュラーとして活躍していたほどの選手だったのです。

そんな杉山明美さんですが、“鉄欠乏性貧血”を患っていたそうです。

鉄欠乏性貧血といえば特に女性がなりやすいですよね。

そこで今回は杉山明美さんの患っていた鉄欠乏性貧血についてや、現在の職業についてご紹介していきたいと思います。

広告

杉山明美は鉄欠乏性貧血だった!

女子バレーボールの代表として活躍していた杉山明美さんですが、どうやら鉄欠乏性貧血を患っていたようですね。

バレーボールの選手として現役の時から、鉄欠乏性貧血を患っていたんだとか。

“鉄欠乏性貧血”とは、赤血球の主原料である鉄が何らかの原因で不足することによって貧血になることです。

貧血の主な症状としてはだるい・めまい・動機や息切れなどがあります。

その中でも鉄欠乏性貧血の特徴には、爪がスプーンのように反り返る・肌がかさつく・抜け毛や枝毛が増える、といった症状も出てきます。

この鉄欠乏性貧血になってしまう理由は様々なのですが、杉山明美さんが鉄欠乏性貧血になったのは強いストレスやプレッシャーがきっかけだったようです。

それをきっかけに食生活が乱れて、鉄分の摂取量が不足してしまったようですね。

治療方法は生活習慣にあり!

鉄欠乏性貧血の治療方法で大きな効果があるのは生活習慣を見直すことです。

まず食生活を見直しましょう。

鉄欠乏性貧血を治すことにまず必要なのが鉄分を取ることです。

食事の中で鉄分をできるだけ取り入れるようにしたいので、鉄分の吸収を抑えてしまうタンニンが含まれる緑茶・コーヒー・紅茶は控えるようにしたほうがいいですね。

また胃腸が弱っていると鉄の吸収も弱くなってしまうので、しっかり噛んで食べることやアルコールの飲みすぎに注意しなければいけません。

運動をすることは健康に良いイメージが強いですが、運動のしすぎは鉄欠乏性貧血に繋がります。

運動をしすぎて汗をたくさんかくと鉄分も一緒に排出してしまうので、汗をいっぱいかいたと思う時は積極的に鉄分を取るようにしましょう。

杉山明美さんが鉄欠乏性貧血になった大きな理由の“ストレス”にも注意しなければいけません。

ストレスにより胃腸が弱り、鉄分の吸収が弱くなってしまいます。

真面目な人がストレスを理由に鉄欠乏性貧血になりやすいので、適度な休息を取るようにしましょう!

広告

現在は社長なの?

どうやら杉山明美さんは、鉄欠乏性貧血の経験を今の職業に生かしているようです。

杉山明美さんは現在を引退すると、早稲田大学院スポーツ科学部で1年間学習されていました。

自分が鉄欠乏性貧血を患ったことから、専門的なことを調べていったそうですよ。

その1年間の間で、学位取得を果たしたそうです。

とても努力してストイックに学んだのではないでしょうか。

そして現在は「株式会社クリスタル・SUGIYAMA AKEMU」という会社の社長を務めているようです。

栄養コンサルタントとして様々な場所で公演を行ったり、新しい栄養コンサルタントの育成を行うなどの活動をしているそうです。

日本代表として実際に活躍されていたり、鉄欠乏性貧血など辛い思いもした杉山明美さんのアドバイスは心に響きますよね!

まとめ

以上今回は元バレーボール選手の杉山明美さんについてご紹介しました!

“鉄欠乏性貧血”はちょっとした生活習慣の乱れがきっかけでなってしまうなんて、びっくりした方が多いのではないでしょうか。

バレーボール選手として輝かしいことばかりかと思いきや、裏では辛い思いをしながら日本代表として活躍されていた杉山明美さんは凄いですよね。

新しい道で活躍されている杉山明美さんに今後も期待しましょう!

広告

-芸能
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です