ニュース

日経新聞本社の爆発は自殺?テロ?社員顔画像やfacebookも

投稿日:

12月21日に東京にある日経新聞本社のビルで爆発がありました。

この爆発は何だったのでしょうか。

2階の男子トイレで爆発があったとのことですが、自殺かテロだったのでしょうか。

そこで今回は日経新聞本社の男子トイレで起きた爆発についてご紹介していきたいと思います。

広告

日経新聞本社の爆発は自殺?テロ?

日経新聞本社の男子トイレで爆発が起きたのですが、その範囲は約30平方メートルに及んだそうですね。

火は約1時間で消し止められたそうです。

男子トイレからは男性が1人発見されたのですが、意識不明の状態で病院にはこばれたそうですよ。

しかし、発見された男性は搬送先の病院で亡くなってしまったそうです。

清掃員の方が男性用トイレに入った時に、トイレの個室から「ボン」という音が聞こえて火が見えたそうです。

この日経新聞本社で起きた爆発は自殺かテロだったのでしょうか。

ネットでは日経新聞本社で起きた爆発について、テロや自殺などいろいろな意見が飛び交っているようです。

もし自分が普通にトイレに入って、突然爆発が起きたらとても怖いですよね。

そこで日経新聞本社で起きた爆発について調べてみました。

現在理由を調査中とのことですが、男性は自殺を図ったのではないかという報道もあります。

もし男性が自殺を図ったのではないのであれば、何が爆発したのでしょうか。

ネットでは今回の爆発について、事件性もあるのではないかという声も多くあがっているようですね。

まだ日経新聞本社で起きた爆発について詳しいことは分かっていないようですね。

警察が現在詳しいことを調査中とのことなので、今後明らかになることがあるのではないでしょうか。

広告

社員顔画像や名前は?

トイレで爆発が起こったことで男性1人が亡くなったとのことですが、この男性社員は誰だったのでしょうか。

そこで男性社員について調べてみました。

調べてみたところ、男性について詳しいことは公表されていないので名前や顔画像を特定することはできませんでした。

ちなみに亡くなった男性が日経新聞本社の社員かもわかっていないようです。

ニュースなどでも亡くなった男性が日経新聞本社の社員だということは公表されていません。

爆発が起きた2階のトイレは、飲食店などがあったため日経新聞本社の社員以外でも入れる場所だったそうです。

そのため日経新聞本社の社員ではない可能性もあるようです。

また誰もが入れる場所であったからこそ、セキュリティがそれほどしっかりしているわけではないので外部の誰かが爆発物をしかけた可能性もありますよね。

遺体は損傷が激しく、身元の分かる所持品も男性は持っていなかったそうです。

今後亡くなった男性について特定されたら、ニュースなどで名前や顔画像が公開されるのではないでしょうか。

警察には爆発の原因を早く解明してもらいたいですね。

広告

facebookやTwitterはどこ?

男性のfacebookやTwitterも調査したのですが、やはり男性個人の情報が公表されていないので特定することはできませんでした。

こういった事件が起きた時にfacebookやTwitterなどで事件についてのつぶやきがあったことから特定されることもあります。

もしかしたら今回の男性ももし自殺だったのなら、そういった方法でfacebookやTwitterが特定されるかもしれませんね。

また今後男性の名前や顔画像が公開されてから、facebookやTwitterが特定されることもあるのではないでしょうか。

広告

まとめ

以上、今回は日経新聞本社のトイレで起きた爆発についてご紹介しました。

今回の日経新聞本社で起きた事件は、なぜ爆発が起きたのかなど謎が多い事件ですよね。

また亡くなった男性は誰だったのでしょうか。

現在警察が調査中とのことなので、新たな事実が明らかになることを待ちましょう。

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です