ニュース

懐風館高校で髪染めを強要した教師の名前や顔画像は?黒にさせる理由は

投稿日:2017年10月27日 更新日:

大阪南部にある懐風館高校の教師が生徒に黒染めを強要したことが明らかとなり問題となっていることはご存知でしょうか。

なぜ教師は黒染めを強要したのでしょうか。

そこで今回は懐風館高校の黒染めを強要した教師についてご紹介していきたいと思います。

広告

懐風館高校で黒染め強要した教師の名前や顔画像は?

懐風館高校で教師に黒染めを強要された生徒は地毛が明るく茶髪だったとのこと。

生徒は中学生時代でも黒染めを強要されたこともあり、そのようにならないように親と学校には入学時に説明していたそうです。

しかしその髪色では登校させられないとして入学前に黒染めを強要したそうです。

生徒はそれに応じ黒染めをするようになったのです、2年になると頭皮が痛くなってきたため学校側に抗議したんだとか。

それでも懐風館高校の教師は黒染めを強要し続けたそうです。

そこでこの黒染めを強要した教師について調べてみました。

調べたところ黒染めを強要した教師についての情報は公開されていないようですね。

そのため教師の名前や顔画像を特定することはできませんでした。

しかしSNSで新たな情報が拡散されることが最近は多いので、もしかしたら懐風館高校の生徒が教師についての情報をSNSにアップしてわかるなんてこともあるのかもしれません。

広告

黒にさせる理由は?

なぜ懐風館高校の教師はこれほど生徒に黒染めを強要したのでしょうか。

いくら黒染めをしても元が明るいのならいずれ抜けたり伸びたりして元の茶髪に戻ってしまいます。

それでも繰り返し黒染めをしたことから生徒は頭皮が痛くなったそうですね。

教師は「黒染めにするのがルール」「染め方が足りない」などと4日に1度は注意していたんだとか。

また文化祭や修学旅行などの学校行事には「黒染めをしないと参加を認めない」とまで言っていたそうです。

さらに「黒染めにしないなら学校に来なくてもいい」と教師が言ったことで生徒は不登校状態になってしまったそうです。

すると学校は生徒の名前を名簿から消して、他の生徒や保護者には退学したなどと伝えたそうですよ。

ここまでする必要があったのでしょうか。

「髪染め禁止」というルールは分かりますが、茶髪でも生まれつきの地毛ならば仕方ないですよね。

学校側はあくまで「ルール」だからとのこと。

また「たとえ金髪の外国人でも規則で黒染させる」とコメントしているそうですよ。

なぜ地毛を染めてまで黒髪にしなければならないのでしょうか。

生まれつきの髪色を染めろという方がおかしいですよね。

ネットでもこの懐風館高校が黒染めを強要したことについて、非難する声が多く飛び交っているようです。

広告

地毛登録制度って何?

「地毛登録制度」はご存知でしょうか。

どうやら大阪府立のいくつかの高校には、今回のような生まれつき茶髪の生徒が指導され続けないように「地毛登録制度」があるそうです。

あまり聞きなれない制度ですよね。

地毛登録制度については賛否両論あるようですが、今回のようにならないようにするためにも取り入れた方がいい制度なのかもしれませんね。

大阪府の教育委員会によると、「導入するかは各高校に任せている」とのこと。

ちなみに懐風館高校は地毛登録制度を導入していなかったようです。

黒染めを強要されていた生徒の母親はできるのなら地毛登録制度を申請したいと訴えていたそうですよ。

今後、同様の問題が起きないように地毛登録制度が普及するといいですね。

広告

まとめ

以上、今回は生徒に黒染めを強要した懐風館高校についてご紹介しました。

生まれつきの地毛を頭皮が痛くなっていても黒染めを強要するなんてひどいですよね。

行き過ぎた指導なのではないでしょうか。

不登校になってしまっているとのことですが、生徒がもう一度楽しく学校に通えることを願いたいですね。

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です