ニュース 芸能

後藤久美子の娘・エレナは6カ国語話せるのになぜ日本の芸能界に?

投稿日:

「ゴクミ」の愛称で親しまれていた後藤久美子さんの長女であるエレナ・アレジ・後藤さんが日本で芸能界デビューするのが決まりましたね。

「世界的美少女」と大々的に報じられたことにより、ネット上でも話題となっています。

今回は、エレナ・アレジ・後藤さんについて調べてみました。

広告

エレナは6カ国語話せるのになぜ日本の芸能界に?

1996年11月19日生まれの現在20歳のエレナさん。

生まれはフランスのアビニョンで、スイスのジュネーブで育ちました。

母親は、元女優の後藤久美子さんで、父親が元F1レーサーのジャン・アレジです。

父親、母親、長男と次男とエレナさんの5人家族です。

子供時代は、資産家である父親のジャン・アレジさんの影響で、世界各国を行き来していたことで語学堪能。

フランス語、日本語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語、英語の6か国語を話すことができるそうです。

現在は、ロンドンの映画制作学校に通っていて、2017年の秋に卒業。

将来は映画監督になるのが夢だそうです。

そんなエレナさんですが、映画制作学校を卒業後は、日本に拠点を移し、2018年から本格的に日本で芸能活動するそうです。

所属事務所は、母親である後藤久美子さんも所属しているオスカープロモーションに決まっています。

それにしても、なぜ6ヶ国語も話せるの日本の芸能界に入ろうと思ったのでしょうか?

将来の夢は映画監督なのに、わざわざ芸能界デビューをしなくてもいいのでは?と疑問を感じます。

なんでもエレナさんは、映画監督以外にもモデルや女優の仕事に興味を持っているそうです。

また、エレナさんは以前インタビューで母親について「母親のようになりたい、憧れ」と語っていたことがあり、日本で芸能界活動をしていた母親の影響が強かったのではないでしょうか。

広告

今後の活動は?

エレナさんは、9月28日発売の女性雑誌「Richesse(リシェス)」でモデルとして親子で表紙を飾るのが芸能界での初仕事になります。


その写真が発売の前に公開されていましたが、とても綺麗ですよね。

身長が156cmと小柄ながら、全くそれを感じさせないのは、さすが後藤久美子さんの娘!

2017年秋頃までは学業を優先し、2018年から本格的に日本での芸能界活動をスタートします。

やはり気になるのが今後の活動ですよね。

後藤久美子さんのようにエキゾチックな顔立ちから、モデルを中心に活動するのではないでしょうか。

また、エレナさん自身もモデルや女優に興味を持っているそうなので、その方面での活躍が期待できますね。

兄弟・姉妹はいるの?

エレナさんには、下に弟が2人います。

長男のジュリアーノ・瀧・アレジさん。

年齢は18歳で、レーシングドライバーとして活躍しています。

2015年3月にレーサーとして初デビューを果たし、同年12月にはGP3本戦に参戦。

そして、2016年には若手育成プログラムのフェラーリ・ドライバー・アカデミーに参加。

父親が所属していたチームと提携。

2017年のGP3第5戦ベルギー決勝レースでは、なんと優勝しています。

エレナさんだけではなく、長男のジュリアーノ・瀧・アレジさんも注目されそうですね。

そして、次に次男のジョン・龍二・アレジさん。

年齢は10歳で、現在は、スイスの学校に通っています。

残念ながら、学校に通っているという情報しかわかりませんでしたが、将来は父親や兄のようにF1レーサーを目指すのではないでしょうか。

これからの成長が楽しみですね。

広告

まとめ

以上、エレナ・アレジ・後藤さんについてでした。

公開された写真を見ると、母親である後藤久美子さんにそっくりでしたね。

現在はまだ学業を優先していて、本格的に日本で活動するのは2018年からなので、今後の活躍が楽しみですね。

きっと、後藤久美子さんのようにモデルや女優として活躍するのではないでしょうか。

-ニュース, 芸能
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です