ニュース 事件

【座間市9遺体】被害者の埼玉の女子高生は誰?近隣の女性が多い理由

投稿日:

座間市のアパートで9人の切断された遺体が発見された事件について連日報道されていますよね。

発見されてから警察は遺体の身元を調査していました。

その後警察の調査により新たに遺体の身元について分かったことがあるとのこと。

そこで今回は被害者の女子高生についてご紹介していきたいと思います。

広告

被害者の埼玉の女子高生は名前や顔画像は?

警察は被害者の身元を特定するのは難しいとコメントしていました。

家族からの捜索願が出ていなかったりするとDNA鑑定もできず特定が難しいそうですね。

もともと自殺願望があると「どこかで自殺したのかも」と家族が捜索願を出さないことがあるそうです。

しかし、DNA鑑定さえすれば身元はすぐにでもわかるようですね。

白石隆浩容疑者は警察に被害者の所持品は捨てたと話していたそうですが、アパートの一室には被害者のものとみられるバッグが複数発見されたそうです。

そのバッグの中には被害者の診察券やキャッシュカードなど、身元の特定につながるものがいくつかあったそうですよ。

ちなみに殺害された9人のうち4人は10代後半の女性だったとのこと。

身分証などから被害者には埼玉の女子高生がいたことが発覚しました。

女子高校生は高校2年生で9月から行方不明だったそうです。

そこで殺害された女子高校生について調べてみましたが、「埼玉県の女子高生」とだけで女性について詳しい情報は公表されていませんでした。

きっと名前や顔画像について公表することはないのではないでしょうか。

また白石隆浩容疑者はSNSで出会った方ばかりを手に掛けていて、被害者の本名すら知らなかったそうです。

手に掛けた被害者の名前すら知らなかったなんて驚きますよね。

白石隆浩容疑者はツイッターで自殺願望のある方を探したとのことですが、殺害するときは同意を得ずに行ったそうです。

その中には自殺をためらっていた方もいたのではないでしょうか。

広告

近隣の女性が多い理由は?

身元がはっきりしている方はどうやら近隣の女性が多かったとのこと。

どうやら身元を特定するときにツイッターなどに登録してある位置情報が鍵だったそうです。

なぜ被害者には近隣の女性が多かったのでしょうか。

まず白石隆浩容疑者は殺害目的を金銭目的であるとも話しています。

そのため遠くの方に会いに行くお金は無かったのではないでしょうか。

近くで自殺願望のある方をツイッターなどのSNSで探していた可能性があります。

また被害者は9人ですが、そのうち1人だけが男性でそれ以外の8人の被害者は女性でした。

男性を殺害した理由は男性が交際中だった女性を殺害したため、殺害したことがばれると思い殺害したとのこと。

恐らく交際していた彼女を殺害しなければ男性は殺害していませんでした。

なぜ白石隆浩容疑者は女性ばかりを狙ったのでしょうか。

まず女性なら力で勝てると思ったのかもしれませんね。

男性だと力で負けてしまい、殺害することができなかったのかもしれません。

また性的暴行を加えていたとニュースでは報道されていたので、性的暴行を加えたいという思いもあったのかもしれません。

白石隆浩容疑者の思考は考えようと思っても理解しがたいですよね。

どんなことを思ったらこれほど酷い行為ができたのでしょうか。

広告

まとめ

以上、今回は白石隆浩容疑者の手に掛けられた被害者についてご紹介しました。

高校2年生という若さの女性まで手に掛けていたなんて驚きましたよね。

まだ身元が発覚していない方もいますが、被害者の中には他にも10代後半の女性もいたとのこと。

身元の特定は難しいと言われているようですが、被害者のご家族のためにも早く身元を特定してもらいたいですよね。

広告

-ニュース, 事件
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です