ニュース

宿題代行を使う理由と利用者はどんな人?実は子供のためでもあった!

投稿日:

楽しかった夏休みが終わりに近づくと気になるのが宿題ではないでしょうか?

最初に一気に終わらせる子やギリギリになって焦ってする子、家族総出で宿題を終わらせる子など、本当にいろんなタイプの子がいますよね。

しかし、最近ではなんと宿題代行に頼んで宿題を終わらせる子もいるそうです。

私の時代には宿題は自分でするものだと思っていたので、宿題代行というサービスには正直驚きました。

今では様々な宿題代行業者も増えてきているそうです。

今回は、宿題代行について紹介していきましょう。

広告

宿題代行ってどんなサービス?

宿題代行とは、学校の宿題を代わりに業者が行ってくれるサービスのことです。

一般的には、夏休みの宿題や自由研究、作文や日頃行う国語や算数のドリルなど様々な宿題を行ってくれます。

また、宿題代行といえば、小中学校のみと思われている人も多いと思いますが、高校や大学まで幅広く対応しています。

宿題代行の多くは、会社が運営していますが、中には個人で運営しているところもあります。

業者によっては、長期の休みに入る前から依頼が殺到し、受付終了となるところもあるそうです。

業者によって料金は異なりますが、相場は下記のようになります。

・作文1枚:2500円~
・自由研究:1万3000円~
・ドリル:7000円~

意外と高くてびっくりですね。

この料金から、内容によってプラスされることもあります。

宿題の内容にもよりますが、依頼すると平均で1週間ほどで仕上げてくれます。

急な依頼でも、別途料金を支払うと対応してくれる業者もあるそうです。

また、宿題代行の業者で働く人の多くは、現役の大学生で中には、プロの作文添削が行なう場合もあります。

広告

使う理由と利用者はどんな人?

宿題代行に依頼する人の多くは下記の理由があります。

・宿題をしたくないから依頼する
・受験勉強に集中したいから依頼する

前者の「宿題をしたくないから依頼する」場合は、子供からの依頼が多いそうですが、金額が高いため比較的少ないそうです。

そして、後者の「受験勉強に集中したいから依頼する」場合は、小中学生の母親だそうです。

特に、受験を意識している母親から依頼を受けるのが多いそうです。

受験勉強をしている子供にとって、夏休みなどの長期の休みの場合、朝から夜まで塾に通い勉強、場合によっては合宿をする塾などもあります。

そうなると、どうしても学校の宿題が出来ない場合があります。

例え受験勉強ができたとしても、学校の宿題を提出することが出来なかったら評価が下がってしまい内申書に影響を及ぼす可能性があります。

そうならないためにも、宿題代行で依頼するのです。

しかし、世間では宿題代行に賛否両論あるようで、メディアで大きくとりあげられるほど社会問題となっています。

実は子供のためになっている?

「宿題は自分でするもの」

「宿題代行に依頼すると自分のタメにならない」

否定的な意見が多い宿題代行ですが、実は、いくつかメリットがあります。

広告

受験勉強する時間を確保できる

最初でも紹介しましたが、宿題代行に依頼することによって受験勉強する時間を確保することができます。

特に夏休みの場合、ドリルの他に読書感想文や自由研究など沢山の宿題を提出しなくてはいけませんね。

そういった宿題を宿題代行に依頼することで、集中して受験勉強をすることができます。

学校の評価を落とさない

学校の内申書は、成績だけではなく生活態度や提出物などでも影響をします。

宿題代行に依頼することで、学校の宿題を提出することができるので、内申書に影響を与える心配がありません。

家族との思い出作りができる

夏休みは宿題だけではなく家族の思い出づくりはできる貴重な時間です。

年齢が上がるにつれて家族揃って出かけられる回数は減っていきます。

子供の時の楽しかった記憶は大人になった今でも残るものです。

宿題だけで過ごす日よりは、家族との思い出作りをするのも、子供によってためになるのではないでしょうか。

まとめ

以上、宿題代行についての紹介でした。

宿題代行については、賛否両論ありますが、依頼することで勉強に集中できる、学校の評価を落とさない等、自分のためになるのなら依頼するのも選択肢の1つとして利用するのも良いのかもしれませんね。

広告

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です