ニュース

多摩川の中州にいた9人はホームレス?釣り人?なぜ避難しなかった?

投稿日:

今月23日の午前7時過ぎに多摩川の中州に9人が取り残されているのが発見されました。

昨日22日からは台風21号の影響で多摩川は増水していましたよね。

台風21号は23日朝に東京を通過しました。

なぜ9人は台風の中なのにそんなところにいたのでしょうか。

そこで今回は多摩川の中州に取り残された9人についてご紹介していきたいと思います。

広告

多摩川の中洲にいた9人はホームレス?釣り人?

今回の台風21号はとても大きな被害をもたらしたようですね。

各地の川は増水して危険水位に達したところもありました。

交通機関にも大きな影響があり運休や遅れが相次いだため、困った方も多いのではないでしょうか。

そんな中多摩川の中洲に取り残された方が9人いたようです。

もちろん多摩川も増水していて危険な状態でした。

多摩川の中州に取り残されたのは40~70代の9人の男女だったそうです。

午前11時には全員がヘリやボートで救助されたようですね。

なぜ9人は台風の中そんなところにいたのでしょうか。

救助された9人について詳しくは報道されていませんが、ネットではホームレスだったという情報がありました。

多摩川にあったホームレスの家は流されてしまっていたようです。

釣り人ではないかという声もありましたが、わざわざ台風の時に釣りをしに行くことはないのではないでしょうか。

過去にも多摩川ではホームレスが救助されたことがあったようですね。

ちなみに救助された9人は命に別状はないとのことです。

広告

なぜ避難しなかったの?

昨日は多くの地域で避難勧告が出ていましたよね。

ちなみに多摩川は23日午前5時には批難判断水位レベル3に到達していたようです。

多摩川はとても危険な状態だったのになぜ9人は避難しなかったのでしょうか。

ホームレスの方は河川敷に家を作っていたので避難したくてもする場所がなかったのかもしれません。

今回の台風のような時、ホームレスはどこに避難すれば良いのでしょうか。

テレビが無いのできっとホームレスの方は現在出ている警報なども把握できないですよね。

どうやら今回救助されたのは9人のホームレスですが、多摩川ではとても多くのホームレスが生活しているそうですよ。

多摩川で生活するホームレスの数は増加傾向にあるようです。

そのため台風の時などのホームレスへの避難誘導には多くの課題があるそうですね。

警察署でも取り組む姿勢があるようですが、その行動には温度差があるんだとか。

過去にはホームレスに対して避難を呼びかけることもあったそうですが、「この程度なら大丈夫だ」と避難を拒否した方もいたそうです。

すると濁流に流されてしまったホームレスの方もいたようですね。

今回も「大丈夫だ」と思い多摩川に残っていたのかもしれません。

また自治体もホームレスの実数を把握していないため、何人が行方位不明になっているのかはっきりしていなこともあったそうです。

今後ホームレスの避難誘導はどう解決するのでしょうか。

ニュースでもこれまではホームレスの避難誘導について大きく取り上げられていなかったですよね。

今回多摩川の中州ホームレスが残されたこともあり、ホームレス問題を見直す必要もあるのではないでしょうか。

これからホームレスの避難誘導について改善されることを期待したいですね。

広告

まとめ

以上、今回は多摩川で救助された9人についてご紹介しました。

これだけ大きな台風が来ていたのに中洲に取り残されるなんてとても危険ですよね。

多摩川にあったホームレスの家も流されていたとのことでした。

ホームレス問題についてもう少し見直しが必要なのではないでしょうか。

広告

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です