芸能

伊藤沙莉は元子役であのドラマに出演!過去に事故も?タバスコ好き!

投稿日:2017年7月27日 更新日:

NHKの朝ドラ「ひよっこ」にて、安倍さおり役で出演し注目を集めている伊藤沙莉さん。

若そうにも見えますが、その演技力の高さから実はけっこう年齢がいっているのかとも思わせる女優さんですね。

ベビーフェイスながら、一度聞いたら忘れられない特徴的な声も魅力です。

今回は、そんな伊藤沙莉さんの気になる噂について調べてみました!

広告

伊藤沙莉は元子役であのドラマに出演していた!

1994年5月生まれの伊藤沙莉さん。

お名前は、「さいり」と読むのですね。

さりさん、と読むのかと思っていました。

現在23歳ということで、まだまだ若い女優さんですね。

調べてみたところ、伊藤沙莉さんは子役として9歳の時にデビューしていることがわかりました。

9歳とはまた早いですね。

最初の出演作品は「14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」というドラマです。

演技は未経験ながら、心は大人のまま体だけが若返っていってしまうというとても難しい役を演じました。

この演技が素晴らしく、非常に話題になりました。

伊藤沙莉さんは当時、avexが主催しているエイベックス・アーティスト・アカデミーのジュニア ヴォーカル・ダンスクラスの受講生でした。

そんな伊藤沙莉さんを、スタッフがオーディションで発掘したようです。

このエピソードからもわかる通り、伊藤沙莉さんはダンスが特技なんだそうですよ。

しかし、その得意なダンスではなく演技でこれだけの評価を得たのですからすごいですよね。

女優の素質があったのでしょう。

その後は、あの大ヒットドラマ「女王の教室」や「GTO」でいじめっ子役にも挑戦しています。

この「GTO」の時に演じた楠見加奈子役もまた衝撃的でした。

あまりにも自然で、すごくリアリティがあったのを覚えています。

このドラマで伊藤沙莉さんを知ったという方も多いかもしれません。

また、ガールズラブという今までにない題材を取り扱ったドラマ「トランジットガールズ」では主演をつとめています。

共演は佐久間由衣さんで、彼女にとってもまた、ドラマ初主演となる作品でした。

佐久間由衣さんとは「ひよっこ」でも共演されていますよね。

コミカルな演技からシリアスな演技まで、実に幅広く演じることのできる伊藤沙莉さん。

すでに出演作品数はかなりの数に上っている、実力派の女優さんなのです。

過去に事故も?

伊藤沙莉さん、で検索すると「事故」というワードが出てきます。

ちょっとドキッとしますよね。

過去に何かの事故に遭ったことがあるのでしょうか。

結論から言うと、伊藤沙莉さんは過去に事故に遭ったという事実はありません。

実は、以前放送されたドラマが原因の噂のようなのです。

そのドラマとは、松岡茉優さんと共演した「その『おこだわり』、わたしにもくれよ!!」。

なんだかすごくインパクトのあるタイトルですね。

このドラマ、伊藤沙莉さんが本人役で出演しています。

その中で伊藤沙莉さん演じる本人が事故に遭うというシーンがあったため、この噂が立ってしまったのです。

なんだかややこしくなってきてしまいました。

これは、伊藤沙莉さんが本人の役柄で出演しているけれど、ドキュメンタリーではなく、あくまでフェイクという設定だったのです。

しかし、これを事実だと勘違いしてしまった人が多かったようなのです。

そのため、伊藤沙莉さんと事故のワードを合わせて検索する人が多かったのですね。

実際には事故に遭った経験はないとのこと、ひと安心です。

伊藤沙莉はタバスコ好き!

伊藤沙莉さんはタバスコが大好きなんだそうです。

7月28日に放送された沸騰ワード10にゲストで出演されていましたが本当に何にでもタバスコをかけてました!

定食屋では鯖の塩焼き定食をたのまれていたのですがその鯖の塩焼きにもかけられてました!

でも定食屋に普通タバスコって置いてないですよね?

なんと伊藤沙莉さんはマイタバスコをもっていて常に持ち歩いているそうです!

定食屋ではご飯にもタプタプになるくらいかけていて店主のお婆ちゃんもポカンとされていましたw

結局、定食屋だけで一本なくなるくらいの量を使われていました。

ちなみにタバスコごはんは伊藤沙莉さん曰く辛めのチキンライスらしいですよ!

でも一般人には口にあわないようで伊藤沙莉さんから進められて食べたリポーターさんはゴホゴホッととても辛そうにされていました。

正直あまり美味しくはなさそうですね!

また、築地で海鮮丼にタバスコをかけて食べるのが夢だったそうで二日目のロケでは築地に行ってその夢を叶えていました。

もちろん店主には許可を取ってかけてました。

店員のおばちゃんからは以外にも好評で「美味しそうだから今度試してみたい」と言われてましたよ。

そんな何にでもタバスコをかける伊藤沙莉さんにはお姉さんがいらっしゃるのですがお姉さんもある調味料が大好きでした。

それは七味唐辛子です!

七味が大好物ときくとまあそういう人もいるよね~くらいな話ですがお姉さんも只者ではありませんでした。

もうかける量が一般人のそれではありませんでした!!!

七味ってキャップを空けると画像のような少しずつ出すための蓋がついてるじゃないですか?

そう、ついているのが普通なんですが…

お姉さんの使う七味にはなんとその蓋がついていません!

少しずつかけるのが面倒なのでしょうね…

伊藤沙莉さんの家で姉妹の昼食を食べる映像があったのですがお姉さんはうどんに一本丸々七味を使われていました。

もう本当に信じられない光景でした…

お姉さん自身もかけ過ぎなのはわかっているのか自分のことを”妖怪七味ババア”と言われてましたw

また番組ではタバスコに会う食べ物を探すという流れになりショートケーキやおはぎにもタバスコをかけていました。

もうタバスコってどんな調味料だったのかよくわかんなくなってきますねw

ちなみにショートケーキにタバスコをかけると”とっぽぎのタレ”になっておはぎは”ビビンバ”になるそうですよ。

ただスタジオで試食した出川さんいわくおはぎにタバスコで”ビビンバ”にはならないそうです。

伊藤沙莉さんにいつもの”おまえは馬鹿か?”で切れていました!

もうずっとタバスコ尽くしでタバスコフォンデュなるものも食べたりと見てて頭が混乱するような内容でした。

広告

なぜタバスコ好きになったの?

伊藤沙莉さんはタバスコ好きになった理由は自分の”役”にあるそうですよ。

女王の教室でいじめっ子の役を演じられてからその演技の巧さが話題となりその後もいじめっ子役で多くのドラマに出演されました。

その活躍とは裏腹にいじめっ子役が巧すぎるせいでいじめっ子役のイメージがついてしまい私生活では逆にいじめられるようになってしまったそうです。

確かに俳優さん、女優さんにはドラマで演じていた役のイメージが付きますがいじめるのは酷いですよね。

そんな辛い時期に伊藤沙莉さんはサイゼリアでタバスコと出会ったそうです。

タバスコを食べると頭がスカッとするのでそれ以来タバスコが大好きになったようです。

タバスコを多くかけるのは当時の大変さが反映されているのかもしれませんね。

ただ、恐らく健康上よくないと思うのでもう少し量は減らしてほしいですね!

体が心配です!

声がかわいい!

伊藤沙莉さんといえば、その声です。

とても特徴的なハスキーボイスで魅力がありますよね。

身長は152センチと小柄なので、喋った時のインパクトが余計に強いのかもしれません。

それも成長によるものではなく、子供の頃からあの声なので余計に人々の心に残るのだと思います。

あの声が大好き!というファンも多いようです。

確かに、とてもかっこいいですよね。

あの声を聞いただけで、伊藤沙莉さんが出ているドラマだ、なんてわかってしまうくらいです。

まとめ

伊藤沙莉さんは2017年7月公開の「獣道」という映画で主演を務めます。

共演で同じく主演を務めるのは、須賀健太さん。

須賀健太さんも子役としてデビューした俳優さんですね。

実は、伊藤沙莉さん。

この「獣道」で初の歌手デビューも果たしました。

それも、ラップに挑戦しているんです。

劇中では金髪ヤンキーの衝撃的な姿も披露していますよ。

これからもますますたくさんの活躍を見せてくれそうな伊藤沙莉さん。

目が離せませんね!

広告

-芸能
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です