芸能

丸岡いずみは鬱で自殺も考えていた?鬱になった原因と現在は?

投稿日:

アナウンサーとして活躍されていた丸岡いずみさん。

丸岡いずみさんといえば、「情報ライブミヤネ屋」に出演し、人気がどんどん上がっていきましたよね。

「ミヤネ屋」では宮根誠司さんには、「奇跡の38歳」と言われる程でした。

現在はアナウンサーを辞めてテレビに出る時はタレントとして出演されている丸岡いずみさんですが、鬱になっていたそうですね。

そこで今回は丸岡いずみさんの鬱についてご紹介していきたいと思います。

広告

丸岡いずみは鬱で自殺も考えていたの?

先ほどご紹介したように丸岡いずみさんは「ミヤネ屋」で人気となりましたが、いつからかテレビで見かける機会は少なくなっていましたよね。

2011年8月に丸岡いずみさんは、体調不良のため長期休養に入ることを発表されました。

その後は徳島にある実家で休まれていたようですね。

しかし実家には週刊誌の記者が押しかけて来たため、いとこが勤務する病院に入院されました。

そして精神科で診察を受けると、“鬱病“だと診断されたのです。

丸岡いずみさんは、鬱病だと診断されても「自分がなるはずがない」と思ったそうです。

薬には元から抵抗感があったため、処方薬はほとんど飲みませんでした。

薬を飲んだら「人格が変わるかも」とも思ったそうです。

2か月ほどたつと退院されたのですが、体調は悪化する一方でした。

父親のベルトを見て「首をつったら楽だろうな」と、“死”を考えたこともあるとか。

また支えてくれている母のことを、「お母さんにヒ素を盛られた!」と被害妄想のために思ったこともあったそうです。

そして口をパクパクと動かす“過換気症候群”を起こしてしまい、精神科の病院に再び入院することになりました。

鬱になった原因は?

丸岡いずみさんが鬱になってしまった原因は「東日本大震災」と言われていましたが、どうやらそれはきっかけで原因は他にあるようです。

丸岡いずみさんが鬱になった原因は何だったのでしょうか。

どうやら丸岡いずみさんが鬱になった原因は、丸岡いずみさんの「真面目な性格」のようです。

丸岡いずみさんは他人から“順風満帆な思い通りの人生を歩んでいる人”と、羨望の眼差しを向けられることを意識していたと語ります。

そして、人が自身について思うイメージの“丸岡いずみ”を壊さないように常に頑張ってきたとか。

イメージを壊さないようにと真面目性格が自身の行動を抑制してしまっていたため、無意識のうちにストレスがかかってしまっていたようですね。

そして東日本大震災の取材をきっかけとして、鬱になってしまったそうです。

東日本大震災も関係していますが、根本的の原因は真面目に性格にあったようですね。

真面目なみなさんは気をつけてくださいね!

広告

現在は?

現在丸岡いずみさんは、鬱を克服することが出来たようです。

それには旦那である有村昆さんの支えがあったようですね。

丸岡いずみさんと有村昆さんは2012年に結婚されました。

有村昆さんが丸岡いずみさんに一目ぼれをして、アタックしていたそうです。

そしてデートすることになったのですが、その時には丸岡いずみさんは鬱になっていました。

有村昆さんは丸岡いずみさんを助けたいという気持ちから、鬱に関する本を読んで勉強したとか。

有村昆さんの丸岡さんに対する気持ちや優しさが良く分かりますよね。

また、丸岡いずみさんにメールをするなどで支え続けていたそうです。

その後、再開するとお互いに惹かれてゆき結婚することになりました。

きっと丸岡いずみさんが鬱を克服できたのも、有村昆さんの支えが大きかったのではないでしょうか。

丸岡いずみさんは鬱の再発を心配しているようですが、二人で支えあって幸せになってもらいたいですね!

まとめ

以上、今回は丸岡いずみさんについてご紹介しました。

丸岡いずみさんが壮絶な鬱の経験をしていたと知ってびっくりしましたよね。

今後は旦那さんと一緒にぜひ幸せになってもらいたいですね!

広告

-芸能
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です