ニュース

やる気スイッチマンがサイバー補導!学歴やTwitter・顔画像!

投稿日:

「やる気スイッチマン」こと大塚隆司容疑者が、女子中学生に現金を渡し淫らな行為をしたとして逮捕されました。

名前からしてとても怪しい大塚隆司容疑者。

この男性、思春期専門カウンセラーとして、小中学校へ講話やカウンセリングを行っていたそうです。

子供の悩みを解決する仕事をしておきながら、女子中学生に淫らな行為をするなんて・・。

今までカウンセリングを受けた子や親は、この報道にとてもショックを受けたのではないでしょうか。

今回は、逮捕された大塚隆司容疑者について調べてみました。

広告

やる気スイッチマンがサイバー補導!

「思春期専門カウンセラー」や「やる気スイッチマン」という名で活動を小中学校で講話やカウンセリングの活動を行っていた大塚隆司容疑者。

メディアにも取り上げられるほど、積極的に活動をしているようです。

報道にあった女子中学生は、大塚隆司容疑者がカウンセリングした少女ではなく、Twitter上で知り合った子だったそうです。

逮捕された経緯は、女子中学生がTwitterに男性を探すようなツイートをしたことで警察官が発見し補導。

そして、少女とやり取りをしていた大塚隆司容疑者が逮捕されたのです。

今回、大塚隆司容疑者の逮捕のキッカケとなったのが、サイバー補導。

近年では、スマホやパソコンの普及により、18歳未満の子がネットを通じて犯罪に巻き込まれる事件が多発し問題となっています。

そのことから、18歳未満の子供たちが犯罪に巻き込まれないために、警視庁が導入したのがサイバー補導です。

サイバー補導の具体的な方法が、出会い系サイトやSNSサイトなどチェックし、怪しい書き込みがあった場合、身分を隠しやり取りを行い直接会って補導をするというものです。

あまり知られていないサイバー補導ですが、2013年から全国で実施されているのです。

警察によると大塚隆司容疑者に余罪があるか追求するそうですが、「女の子を探すためにTwitterを始めた」と答えていることから、この少女以外にも何人かいるのではないでしょうか。

女子中学生にも問題はありますが、思春期専門カウンセラーでありながらそれに応じる大塚隆司容疑者は決して許されざる行為です。

広告

やる気スイッチマンの学歴は?

「やる気スイッチマン」こと大塚隆司容疑者は、名古屋県名古屋市出身。

最終学歴は、大阪教育大学教育学部卒のようです。

20代の頃は営業職として働き、30代で学習塾の講師に転職したことで、今のようなカウンセラーとして活動していたようです。

大塚隆司容疑者のホームページを見てみると、かなりの数の学校で公演活動をしていたのがわかります。

1番新しい活動は、不登校の児童のためのセミナーや講演会を行っていました。

参加者の声なども掲載されていて、なんだか複雑な気持ちですね。

また、カウンセリングだけではなく、セミナーや家庭教師、書籍も販売と幅広く活動知るようです。

大塚隆司容疑者のホームページには下記のようなことも書かれていました。

「コーチング、ファシリテーション、ブリーフセラピーなどを学び、子どもと親とのコミュニケーションの特徴を見つける。現在は働く親の味方になるため、塾講師としての経験を基に、よりよい親子関係を作るための講演、ワークショップを各地で開催中。」

学習塾の講師に転職したのちに、色々なことを学んだと書かれていますが、今となっては、全く説得力もないですし、下心があって子供と関われる仕事についたのか、と疑ってしまいますね。

広告

やる気スイッチマンのTwitter・顔画像はどこ?

大塚隆司容疑者の顔画像は、自身のホームページに公開されていました。

画像を見る限りでは、今回の事件を起こすような人には見えないですね。

そして、今回の事件で使ったTwitterですが、調べてみました。

大塚隆司容疑者のTwitterがこちらです。

Twitterの他にも、Facebookやホームページもあるようですが、今後なくなる可能性がありますね。

やる気スイッチマンのfacebook

ちなみにFacebookはこちらになります。

ホームページに乗っている顔画像と同じ画像があるのですぐわかりますね。

やる気スイッチマンに送られている温かいコメントを見ているとなんだか悲しくなってきますね。

広告

まとめ

今回、逮捕された「やる気スイッチマン」こと大塚隆司容疑者。

子供と関わる仕事をしている人の事件のニュースを見ると、子供を持つ親としては、とても心配になりますよね。

大塚隆司容疑者の事件で、多くの心理カウンセラーの方に影響を与えてしまうのではないでしょうか…。

今回の事件を反省し、しっかり罪を償ってほしいですね。

-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です